薬剤師と生涯学習支援制度について

最近注目が高まっている薬剤師のための生涯学習支援制度とは、一体どのようなものなのでしょうか。

一言でいうならば、薬剤師としてのスタートは大切ですが、一生涯薬剤師としての努力をすることの促進となります。どういう活動になるのかというと、全国からの薬剤師たちが、薬剤師としての研修学習を自身で記録し、自己訓練や計画性を持ちながら学ぶ習慣を身につけます。

ですから、薬剤師が学ぶのは、大学や研修だけではないのです。薬剤師の試験に合格し、薬剤師の資格を取得ということは言ってみればスタート地点でもあるのです。薬剤師である限り、ずっと継続していくものなのです。

そのような地道な努力は、患者さんたちから支持され頼りにされる存在となり、それは一般の方たちにも広がっていくので、日本の薬剤師は高い評判を得ることとなります。既に日本薬剤師会では、先ほど述べた記録するポートフォリオシステムを導入しており、さらにそれに書くものとしてはe-ラーニングシステムもあります。

生涯学習支援制度を活用したい方は、全国からこのような日本薬剤師会等で学んでいけます。日本の医療の質の良さが高く評価されているのも、薬剤師たちが日々学び続け、それをじっせんしていることも貢献しています。

医療が最先端になるにつれ、学ぶことは必ず出てきます。学びながら良い医療を提供できるのが、本当のプロフェッショナルと言えるでしょう。今後はそのような姿勢を持つ薬剤師が必要とされるのは間違いありません。